10月22日(日)、長崎大学文教キャンパス・スカイホールで長崎ブレークスループロジェクト海外留学報告会を開催し、130名近くの皆様にご出席いただきました。今年度3回目となる今回は、長崎大学 下川理事(研究国際担当)の開会のご挨拶からスタートしました。報告会では、海外に留学を果たした各チームの代表が、企業から提案された課題に留学先でどのように取り組み、成果を挙げたのかを発表しました。

また、留学期間中の最大の失敗を発表し、誰が留学先で最も果敢な挑戦をし、その結果大きな失敗を経験したのかを決定するコンテストも同時に行われました。出席者による投票の結果、Gチームが見事最優秀失敗賞に選ばれ、夛田長崎留学生支援センター長より表彰を受けています。
今回、文部科学省やJICA九州など多くの方々にご出席いただき、質疑の際には様々な感想やアドバイスをいただきました。
来年3月4日(日)に開催する最終報告会に向け、各チームが刺激を受けた報告会となりました。